頭皮

髪の乾燥・頭皮の日焼け(夏のお疲れ)ヘアをセルフケアする方法!なないろ日和

ヘッドスパ

2020年9月7日「なないろ日和!」で放送。

夏のお疲れヘア健やかに変えます…頭皮の日焼けに注意!~セルフケアの仕方を紹介します。

夏のお疲れヘア健やかに変えます!

夏の紫外線を受けた髪はパサパサになりがちですが、スッキリしたヘアに潤いも出る方法があるそうですから、興味わきますよね。

髪の悩み

なないろ隊:加藤さんのお悩みは、髪の乾燥

毎朝ストレッチで汗をかいたあと、部屋をエアコンでギンギンに冷やして涼んでいる

なないろ隊:田村さんのお悩みは、頭皮の日焼け

コロナ渦で公共交通機関に乗る機会が減り、自転車に乗って移動することが多くなったため、日傘がさせないので焼け放題。

地肌の調子が悪くて髪が寝てしまう状態。

毛髪診断士:斉藤あきさんのアドバイス

アドバイスしてくれるのは美容師の毛髪診断士:斉藤あきさんです。

斉藤さんは、化粧品会社にて美容部員・エステティシャンとして活躍

20年で約5万人以上に施術やアドバイスを行うという経歴の持ち主です。

今回はその斉藤さんのサロン

スキンケアサロン:ティナロッサ(東京・目黒)から、セルフケアの方法を教えてもらいます。

髪のパサつき具合をチェック

1.ご自身の手ぐしで、引っかからないでスルッと通れば、キューティクルも綺麗に整っている状態

一般的に健康な髪には、12から13%の水分が含まれていますが、ヘアカラーや紫外線のダメージを受ければ、水分量が減り表面のキューティクルが乱れてしまうそうです。

(水分量が7%を下回る)

そこで髪の状態を、指通りでチェック

指がひっかかれば要注意⇒ダメージ

がさつ入ったり死んだりする⇒ハイダメージ

乾燥でお悩みの加藤さんは、途中で引っかかってしまいました。 

キューティクルがはがれてしまうと、髪の内部の水分や油分が流出しやすい。)

ハイダメージな状態です。

さらに頭皮の状態をマイクロスコープでチェックしてみると、乾燥気味になっている状態。

頭皮が乾燥するとバリア機能が低下し刺激を受けやすくなります。

エアコンに関しては、汗をかいてすぐに冷房に当たると急激に冷えてしまうので、血流が一気に悪くなってしまいますので、よくないといいます。

汗をかいてからすぐに冷房に当たると頭皮の血流が悪くなります。

一方田村さんは、指がす~と通り一見問題はなさそうですが、炎天下の自転車利用で日焼けした頭皮の状態は? 

チェックしてみると、紫外線の影響で炎症を起こしている状態。

皮脂が酸化して毛穴が詰まっている。

紫外線のダメージが・・・

紫外線対策なし⇒頭皮が炎症・毛穴が詰まる

頭皮の日焼けアドバイス

紫外線による頭皮の日焼けには、毎日分け目を変えてあげると良い。

分け目を変えるのが難しいと感じる方は、夜だけでも帰れるようにするとよいそうです。

毛穴の周辺がピカピカに!

紫外線対策なしで頭皮が炎症・毛穴が詰まった状態の田村さんには、毛穴に詰まった皮脂を油で落とすことから始めてもらいます。

シャンプー前のオイルケアをします。

頭皮専用のクレンジングオイル植物性100%(ホホバ・アルガンなど)

頭皮につけたら全体になじませ、オイルが浸透するまで5分ほど待ちます。

レポーターの西岡さんは一度もやったことがないようですが、先生によると美意識の高い方はしていますとのこと。

洗い流すまでの間は、頭皮をマッサージ。

タッピング:指の腹を使い気持ち良い強さでタッチする。

ツボ押し:首の後ろの天柱・風池・完骨をこぶしで押す。

最後は頭頂部にある百会を刺激してほぐしていきます。

頭皮を和らげたらオイルと一緒に皮脂を洗い流し、次にシャンプー。

(皮脂がついたままシャンプーしても泡立ちが悪くなり毛穴の汚れは落としきれない)

シャンプーをする前にオイルケアをすれば、洗浄効果が高くなります。

シャンプーした後の田村さんは、「頭皮の温度が下がった気がしました」そうです。

頭皮の状態を再びチェックしてみると、 毛穴の周辺はピカピカになってました。

ドライヤーでパサパサ髪に潤いを!

汗をかいてからすぐに冷房に当たり、頭皮の血流が悪くなっていた加藤さんはドライヤーで解決してもらいます。

その前に、西岡さんに普段のドライヤーの使い方をしてもらったところ、先生は、ドライヤーが近すぎて髪の毛が火傷をしている状態だと言います。

ドライヤーは、10 CM から15 CM 離して温風が全体に行き渡るようにするとダメージも受けにくくなりますとのこと。

先生は西岡さんにお会いしてすぐに髪がカピカピ、全てが雑だなと思ったそうです。

早く乾かしたいからといってドライヤーを近づけすぎると、逆に時間もかかりダメージを受けます。

ドライヤーは熱で乾かすのではなく、風で乾かすのが◎

正しい使い方を意識するようにしましょうとのこと。

髪の乾かし方のポイント

根元⇒襟足⇒耳上の順に乾かすと毛先が治りやすくなります。

さらにキューティクルがはがれない縦方向に意識するのも有効です。

ドライヤーは上から下方向へ、手櫛で軽~く引っ張りながらやります。

先ほどは髪に指先がひかかってしまった加藤さん。

正しい使い方で髪を乾かすと、「全然違います」と、指通りも滑らかでした。

まとめ

オイルケアのやり方

①乾いた髪につける

②マッサージやツボを押す

③5分ほどで洗い流す

ドライヤーのかけ方

髪は温度に弱いので近づけすぎるとダメージを与えてしまうので、10 CM から15 CM は離して風で乾かすようにする。

また、ドライヤーは横振りではなく縦振り。

キューティクルがうろこ状に上から下に入ってますので、 上から下に乾かした方が綺麗に艶が出ます。

ホットヨガ
3分でわかるホットヨガ ラバ(LAVA)と口コミ!今の時代、ストレスを解消しながら綺麗にもなれるという、ヨガ教室に入会する女性がどんどん増えてます! 中でもLAVA(ラバ)は、 北...
一晩で目が大きくなるナイトアイボーテ!二重まぶたのクセ付け美容液とは?一晩で目が大きく二重になると、「林先生が驚く初耳学!」で紹介され、話題となったナイトアイボーテ! ナイトアイボーテは、目大きく見せ...
ネオちゅらびはだ
3分でわかる”ネオちゅらびはだ”の(悪いVS良い)口コミ&効果と評判!炭酸クレンジング”ネオちゅらびはだ”がチュラコスから発売され、TVや雑誌でも大変注目され、今、話題になっていますね♪ 例えば、今ま...