ダイエット

主治医が見つかる診療所-デブ味覚を痩せ味覚に体質改善『やせるダシ』の作り方!

出汁

最近どうも、味の濃いものを体がどうしても欲しがるようになってませんか?

それ、デブ味覚だそうです。

今回は、2020年8月27日『主治医が見つかる診療所』で放送された、デブ味覚を痩せ味覚に体質改善できる『やせるダシ』作り方を紹介します。

ダイエットの専門家がおすすめする、魔法の粉のレシピがありますから、期待して下しね。

デブ味覚を改善する痩せる出汁のレシピ

亜鉛不足

近年は、亜鉛が不足して味覚障害になっている方が増えているそうです。

亜鉛が不足して味覚障害に!

亜鉛の摂取

その原因は加齢だけでなく、亜鉛不足だそうです。

亜鉛が不足すると、舌にある味蕾という細胞が再生することができなくなり、味覚障害に陥ります。

欧米人に比べて、亜鉛が多い牛肉の摂取量が少ない日本人は、意識して亜鉛をとる必要があるといいます。

デブ味覚

太っている人はデブ味覚になり、カロリーの高い味の濃いものを好むようになるそうです。

舌が濃い味に慣れ、さらに濃いものを求めてしまうとのこと。

一方やせ味覚は、薄味でも十分に満足できるそうで、デブからやせ味覚にするためには、一度味覚をリセットすることが必要です。

『味覚を断食』 してリセット!

『味覚を断食』とは、塩分を摂らないでリセットを行う方法です。

塩分と脂肪、塩分と糖質は相性が良く、どうしても多くとってしまいがちになるそうです。

塩分を適切に抑えることができれば、デブ味覚を改善することができます。

とはいえ、塩分は体にとって必要なものです。

そこで、やせるダシを活用して、塩やしょうゆの使用を、なるべく控えるようにしましょうということです。

試された方は、3~4日で味覚が変わったという人が多いようです。

塩を使わないデブ味覚改善メニュー

味覚改善メニューで25キロのダイエットに成功した方は、味覚だけでなく肌つややおなかの調子までよくなったと言います。

塩の代わりに万能な粉末ダシ(やせる出汁)で、デブ味覚を改善しましょう。

やせるダシのレシピ

【材料】

かつお節   30g

煮干し    10g

刻み昆布   10g

緑茶     5g

【作り方】

1.かつお節と煮干しをレンジで温めます(電子レンジ600wでかつお節約1分、煮干し約40秒)

2.どちらの材料もミキサーにかけてできあがり

できた出汁は、お湯を注ぐだけでスープとして飲むこともできます。

まとめ

デブ味覚を痩せ味覚に体質改善『やせるダシ』の作り方!はいかがでしたか?

塩分を多くしてショッパクなるより、美味しい出汁で食事ができたら、料理も品格が出てきたような感じになりますよ。

ホットヨガ
3分でわかるホットヨガ ラバ(LAVA)と口コミ!今の時代、ストレスを解消しながら綺麗にもなれるという、ヨガ教室に入会する女性がどんどん増えてます! 中でもLAVA(ラバ)は、 北...
ナイトアイボーテ
ナイトアイボーテの口コミ!悪いと評価した3つを検証してみた!「林先生が驚く初耳学!」2017年4月23日放送で、一晩で目がパッチリ二重になったと話題になり、売り切れ続出のナイトアイボーテですが、実...
ネオちゅらびはだ
3分でわかる”ネオちゅらびはだ”の(悪いVS良い)口コミ&効果と評判!炭酸クレンジング”ネオちゅらびはだ”がチュラコスから発売され、TVや雑誌でも大変注目され、今、話題になっていますね♪ 例えば、今ま...
関連記事