ダイエット

ダイエットで痩せないなら2週間で2~3kgの減量の「舌トレ」!

舌のトレーニング

ダイエットをしているのにいつまでも痩せないという人は、その原因が意外なところにあるのかもしれません。

そこで・・・

・2週間で2~3kgの減量に成功した人が続出!

・しかも、リバウンドせず痩せ続けることができると専門家も断言!

・健康的で時間や道具もいりません。

誰でも今日からすぐに実践できる「舌トレ」とはどんなやり方なのか?

2018年10月21日の「林先生が驚く初耳学!」で放送された、ダイエットの成功率を上げるのに有効な「舌トレ」の方法を紹介します。

みそ汁は食事の最後に!

予防医学研究者として多数の書籍の著者でもある、東京大学医学部卒の予防医学研究者・石川善樹氏によると、「

さらに、ダイエットの悩みであるリ舌」をトレーニングするとは、つまり「味覚」を鍛えるということになるそうです。

様々なダイエットに挑戦するが、いつまでも太っていると嘆く人は舌がおかしいからで、味覚を変えてしまえばいいという。バウンドも、舌が変われば解消するといいます。

ではどうすればいいのか?

方法は簡単で、毎日の食事で食べる順番を変えるとよいとのこと。

たとえば、白米、焼き魚、味噌汁、煮物、漬物といった典型的な日本の定食の場合は、味噌汁を最後に食べるようにする。

味噌汁に含まれる「旨味」は脳に高い満足感を与え、しかもそれが持続するので食事量が抑えられ、摂取カロリーも減ります。

さらに、最後に味噌汁を摂り続けることで舌が変化し、その結果食生活が変わって自然とダイエットに結びつくというメカニズムだという。

味噌汁のほかにも、食事中に飲む緑茶や昆布茶も食べ過ぎに効果的。

一方で、アイスクリームやケーキなどの甘いものについては、瞬間的な満足感はあるもののそれが持続しないそうだ。

甘いものと塩辛いものの無限ループ

番組では、なでしこジャパンのエースとして活躍した、タレントの丸山桂里奈の自宅を取材。

冷蔵庫にはぎっしりのアイスクリーム。

さらに、おせんべい系の袋菓子もどっさり…。

「甘いものを食べたらしょっぱいもの…と一緒に食べるのが好き」という丸山は、現役時代に比べて体重が7キロも増えてしまったと告白。

石川氏は、「こうした甘いものと塩辛いものを無限ループで食べる食生活は、舌がおかしくなり旨み成分を活用できず、脳に満足感をが与えられない〝典型的な太る生活〟」と警告した。

炭酸水をちびちび飲む人は要注意!

さらに食生活に関連する話題として、ヒット番付にもノミネートされるなど今年大ブームとなった炭酸水に関する気になる事実を紹介。

炭酸水の飲み方が、虫歯や歯周病に続く〝歯の第3の疾患〟といわれる症状と大きな関係があるという。

一旦溶けたカルシウムがもう一度歯に戻って歯を作ることを歯の再石灰化というが、弱酸性の炭酸水に含まれる酸は歯のミネラル成分を溶かす原因になる。

普通に飲んでいる場合は唾液に含まれているタンパク質が歯を守るが、ちびちび飲むとその効果が効きにくくなり、歯を脆くして〝第三の疾患〟といわれる「酸蝕歯(さんしょくし)」を引き起こすのだそうです。

とにかく酸を口内に留まらせないようにすることが大切で、ワインなどにも同じ事が言えるといいます。

まとめ

様々なダイエットに挑戦しても変わらないと嘆く人は、「舌」をトレーニングして「味覚」を鍛えるとよいそうです。

まずは簡単な方法で、毎日の食事で食べる順番を変える。

1.最後に味噌汁を食べるようにすると、「旨味」が脳に高い満足感を与え持続するので食事量が抑えられ、摂取カロリーも減ります。

2.甘いものと塩辛いものを交互に食べてしまうと舌がおかしくなり、旨み成分を活用できずに脳に満足感を与えられないため〝典型的な太る生活〟になってしまいます。

舌トレは太ったままなかなか痩せないという方に、普段の食事の方法を間違えてしまうと、ダイエットでは効果が出ないというお話でした。

今、ホットヨガがストレス解消ときれいにダイエットできると大変人気です!

あなたもまずは、手ぶら体験してみませんか?

>>3分でわかるホットヨガ ラバ(LAVA)と口コミ!

関連記事